2019年10月26日(土)、品川区立総合区民会館「きゅりあん」8階大ホールにて「五感で楽しむ音楽会 2019」が開催されました。このイベントの開催にあわせて、ホワイエに作品「いしのこえ」を出展させていただきました。
 

いしのこえ

当日は、視覚障がいのある世界的ヴァイオリニスト川畠成道氏と、
新進気鋭の18歳の異才ピアニスト紀平凱成氏、
東京藝術大学COI拠点による、聴覚障がい者のために楽器の音量を視覚化する
演奏支援システムを使ったブラスバンドの演奏などが行われました。

公演まで、どんな演目が演奏されるのか知らなかったのですが、
ヴァイオリニスト川畠成道氏の演奏するラヴェルのツィガーヌや
バッハとグノーのアヴェ・マリアを聴いた時には、しばし時を忘れるようでした。

また紀平凱成氏のピアノから紡がれる音楽は、
自分が絵を描いたり、デザインをしている時のように
頭の中にあるボリュームを持った像が結ばれるような不思議な感覚にもなったのが印象的でした。
一重に音楽と言っても、捉え方や感じ方の方法は無限大なのかもしれません。

 
 
また、会場時間や休憩時間には、「いしのこえ」自体が人で見えなくなるほど、
たくさんのお客様が体験してくれました。

何が起こるのかとこわごわと石に触れる方。
柔らかくふれる見えない方。
すぐに音の場所を覚えて次の石を探し出す方。
ホワイエの通りがかりに触れてゆくスタッフの方。
休憩時間になると駆け込んでくる子供リピーターたち。
一つひとつの石に「にんじん」「おにぎり」と名前をつけていく子。
「いしのこえ」に触れた感想を川柳にして詠んでくださった方もいました。

今回のコンサートのタイトルのように、私たちにとっても
人と音の関係性、意味、感じ方に、更なる可能性を感じる時間となりました。

この場をかりて、関係者の皆さまに御礼申し上げます。
 
テレビ朝日福祉文化事業団の方がアップしてくださった当日のレポートはこちらからどうぞ。
 
 
 
五感で楽しむ音楽会2019

日  時 2019年10月26日(土)
主  催 社会福祉法人 テレビ朝日福祉文化事業団
共  催 東京六本木ライオンズクラブ
後  援 品川区、東京都社会福祉協議会、品川区社会福祉協議会、テレビ朝日
協  力 東京藝術大学COI拠点 、YURI Ballet School、帝京高等学校JRC部
特別協賛 ㈱竹中工務店、ダイダン㈱
協  賛 ALSOK東京㈱、㈱伊佐梅、㈱大塚商会、㈱関電工、㈱コマデン、㈱シービーエス、
     ㈱台東サービス、㈱テルミック、㈱東京美術、富士ゼロックス㈱、富士通㈱、
     ㈱ミヤギ、横浜エレベータ㈱東京支店
会  場 品川区立総合区民会館「きゅりあん」8階大ホール

 
 
MATHRAX