2016年に「じぶんのまわり」展(茅ヶ崎市美術館)で展示された作品「ひかりのミナモ」のご紹介です。

 

photo kenji kagawa

 
じぶんのまわりに存在するさまざまなもの。
鉱物、植物、動物、人間、精神、宇宙を象徴するモチーフを光そのもので表した作品です。

ひかりのミナモシリーズは、美大のころ、油絵を学んでいた久世の
「光そのものを絵の具のように扱いながら風景を描きたい」という発想から生まれたものです。

一般的に、LEDはモニタや照明として使われていますが、
私たちは光そのものが、人にある風景を思い出させたり、そこにはないものを人の中に生む媒体として
存在していることも確かだと考えてきました。

昔はLEDの新色が発売されると、新しい絵の具が増えたように嬉しい気分になった、と久世は言うのですが、
この作品では、水面に映る光のように移り変わる光そのものを風景として表現しています。

また、今回は「じぶんのまわり」展の仕様により、
茅ヶ崎の気温の変化などの情報をインターネットから参照して光の変化に反映させています。

作品自体が周囲の情報をやりとりする様子をここでも表しています。

 

 
 

モチーフのテーマに沿った光の色とその揺らぎは、
私たちが旅先で撮影した写真から抽出しています。
どのオブジェにどの写真の色が入っているのか、ぜひ想像をしてみてください。
 

 
 
 
 

宇宙の星・鳥・人間の精神・植物など

 
 

 
後々、映像の方もご紹介させていただきたく思っています。
制作・展示・撮影にご協力いただいた皆さまに重ねて感謝申し上げます。

 
 
MATHRAX